一般質問が終わりました

0
    9月議会開催中ですが、昨日私の一般質問を終えました。

    地域経済をどのように施策展開をすれば、好循環が生まれるのか?
    このようなことを主眼に質疑させて頂きました。

    人口減少が問題視されていますが、総人口の減少よりも、生産年齢人口の減少が問題であること。
    宝塚市の転出・転入は阪神間で移動がされていることから、都市間競争は避けて通れない現状であること。

    では、生産年齢人口を増やすためには、施策の充実が必要ですが、財政の厳しい我が市において、財源の問題がついて回ります。

    財源を確保するためには、行財政改革を徹底し、効率な運営を目指し、投資財源を確保するとともに、有効な経済対策で、勤労者や事業者の所得が増える事によって、税収が増加し歳入を増やすことが、本筋です。

    このためにこれまでおろそかになっていた経済対策を、本腰を入れてやらなければならないことを、RESAS(「地域経済分析システム」、いわゆる「ビッグデータを活用した地域経済の見える化システム」)やデータを踏まえて、質疑を致しました。

    生産年齢人口の増加を目指し、地域経済循環率を向上させる。このための処方箋を、タイムリーに或いは長期的に描くことが重要で、市内でお金が回るようになると、所得は向上、市税収入は増し、活気が出てくると、民間投資を呼び込むことができる。そして好循環が生まれる。

    この実現に向けた取り組みを強く主張致しました。
    使用したデータ等や具体的な質疑内容は、また後日報告させて頂きます。


    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    伊藤順一

    TIME

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM