12月議会一般質問通告しました

0
    宝塚市議会では、現在12/9から12/14の日程で行われる、一般質問に向けて準備が進められています。

    私は、下記の項目で60分間行います。

    1.宝塚市のインフラについて
     。掲間で350億円もの公共資産の価値が減少していることについて
     道路整備状況について
     財政見通しについて
      
    2.市民協働・公民連携について
     ―嗣院NPO・企業等の提案制度について


    ・我が市の連結貸借対照表を見ると、H21年3/31現在5200億円あった公共資産は、本年H28年3/31現在4850億円と、7年間で350億円もの公共資産の価値が減少していますが、その原因について

    ・これまで度々指摘してきました通り、渋滞や老朽化など市内の道路の状況は非常に悪い状態で、市民ニーズのアンケートにおいても渋滞解消は市民の願いでもあります。
    最低限必要なインフラを安全に維持していくことは、防犯・防災の観点からも、地方自治体に課せられた責務であると考えますが、特に主要生活道路の改善計画について

    ・本年10月に発表された財政見通しを見ると、H28からH32年で42億5千万の財源不足が予測されています。それに伴い、第2次行財政運営アクションプランが発表され、52億3千万の効果額が見込まれています。しかしその中には、公共施設マネジメント計画に対する収支は見込まれていませんが、その効果額について

    ・市民協働・公民連携において、住民・NPO・企業等の提案制度については、ちょうど1年前の12月議会一般質問で同趣旨の質問をしましたが、その時の答弁では、他市の状況を調査・研究しているとありましたが、その進捗について

    それぞれ、質問致します。


    我が市の会計制度は、総務省改訂モデルを採用してきましたが、来年度から複式簿記による発生主義会計が実施されます。これに伴い、この7年間あまり意識されてこなかった、公共インフラのあり方や都市経営ということについて、大きな意識の改革が必要となります。

    一般質問の詳しい日時については、決まり次第ご報告させて頂きます。


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    伊藤順一

    TIME

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM